電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

遺産相続を
千葉の弁護士に相談

遺産を受け取る方

遺産を残す方

相続・遺言問題をベリーベスト法律事務所に依頼するメリット

弁護士、税理士、司法書士によるワンストップサービス

ベリーベスト法律事務所には弁護士、税理士、司法書士が在籍しており、遺産相続に関する全てがベリーベストグループ内で完結する、真のワンストップサービスをご提供しております。
遺産相続に係る手続きは非常に複雑で、それぞれの専門家は多岐に渡り、通常ですとお客様がすべての専門家と個別にお話を進めていただくことになります。しかし、ベリーベスト法律事務所 千葉オフィスでは、各専門家と情報共有を行いますのでお客様のお手を煩わせることなく問題解決へと導きます。

一般的な相続手続きの場合

一般的な相続手続きの場合

ベリーベスト法律事務所ワンストップサービスの場合

ベリーベスト法律事務所の場合

遺産相続のトラブルでお困りのことはございますか?

  • ・遺産分割協議書の作り方が分からない。
  • ・全く面識のない人が、相続人だといって現れて困っている。
  • ・とにかく仕事が忙しい。面倒な手続きは誰かにしてもらいたい。
  • ・親が、離婚再婚を繰り返している。前妻の子に、連絡するのが気が進まず、手続きが進められない。
  • ・結婚はしているが、子どもに恵まれなかった。夫が亡くなって自分一人になった時にどうしていいかわからず不安である。
  • ・夫が亡くなり、いろいろとお金が必要になったので、銀行に行ったところ、預金が引き出せず困った。
  • ・自分で、手続きを進めてようとしているが、役所の窓口で、足りない書類を指摘されてどうしていいかわからない。

このような、お困りごとをかかえていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?

相続争いや遺産分割協議のトラブルなら弁護士にご相談ください

相続争いは、他人事ではありません。我が家に限ってというのは通用しないのです。
相続というのは、一生に何回もあるわけではない、まとまった金額が手に入る機会です。
そういった時に、相続争いのトラブルに見舞われるのは、実はよくあることなのです。
また、相続の際は、遺産分割協議というものをしなければなりませんが、これも、トラブルの元なのです。
同じ親からうまれたきょうだい同志とはいえ、考えていることがみな同じだとは限りません。
そうなると、当事者だけではいつまでも遺産分割協議が進みません。そういった時は、まずは弁護士にご相談ください。
弁護士は、法律のスペシャリストです。ベリーベストの弁護士に、ご相談くだされば、法律に照らして客観的な立場から、それぞれのケースに応じた最善の解決方法をご提案させていただきます。

法律相談40万件以上の豊富な実績と日本全国対応

ベリーベスト法律事務所は、全国各地にオフィスを有しておりますので、これまでの法律相談は、40万件以上に上ります。また、解決までのノウハウは、全店舗の弁護士で共有しておりますので、よりベストな解決方法のご提案をさせていただけます。

千葉県・千葉市で相続・遺言でお悩みの方へ

千葉県内にお住まいの方で、以下のような問題を抱えている方はいらっしゃいませんか?

・借金は相続したくないけれど、実家を手放したくない
・父の死後に愛人へすべての遺産を相続させるという遺言書が……せめて母だけでもいくらか相続できないのか
・障害を持つ娘が自分の死後も不自由なく暮らせるようにしたい

このような相続・遺言に関するお悩みは、ベリーベスト法律事務所千葉オフィスの弁護士までご相談ください。

借金は相続したくないけれど、実家は手放したくない、という方へ
故人の遺産を相続するときは基本的に、すべての財産を引き継ぐことが原則であり、相続する人が「この財産は相続するけど、この財産は相続しない」などと選択することはできません。しかし、「限定承認」という方法を選択すれば、負債の全てについて責任を負う必要がなくなる可能性があります。

限定承認とは、プラスの財産とマイナスの財産、すべての財産を承継しますが、マイナスの財産についてはプラスの財産の範囲内に限定される方法です。たとえば、相続する遺産が資産200万円、負債500万円だった場合、普通に相続すれば、資産も負債もすべて受け継がなければなりません。しかし、限定承認を選択すれば、負債は500万円のうち資産と同じ額の200万円に限り責任を負えばよいことになります。

そのため限定承認は、相続財産に負債があっても住宅など残したい資産がある方、故人にどれくらい借金があるか不明な方、などに有効な相続の方法です。
相続の承認又は放棄の期間の伸長を申し立て、相続財産の調査を行った後で、「承認」をして、被相続人の全ての財産を包括的に取得することも、「相続の放棄」をして相続開始時から相続人ではなかったことにすることも可能です。ぜひ弁護士までご相談ください。

故人が残した遺言書に、自分の名前がないが、何か相続できないのか、とお考えの方へ
故人が遺言書を残されている場合でその内容に納得できない方も、弁護士にご相談されることをおすすめします。遺言書は故人の遺志を実現するものとして最大限尊重されるべきものではありますが、故人と一定の親族関係にある者については、故人の自由な処分が制限されます。

民法は、故人の配偶者や子、子が相続資格を失った場合には孫、親、祖父母といった一部の相続人に限り、最低限の相続財産(=遺留分)を取得することができると規定しています。
遺留分は自動的に自分のものになるわけではなく、「遺留分減殺請求」という手続きを、定められた期限内に行う必要があります。また、遺留分減殺請求を行ったあと、遺留分の算定や遺留分算定の基礎となる財産の評価等、法的に複雑な処理を行う必要があります。後々のトラブルを避けるためにも、遺留分減殺請求はぜひ法律のプロである弁護士にお任せください。

さらに当事務所では、近年新しい相続のかたちとして注目を集めている「民事信託」も取り扱っております。民事信託とは、死後に信頼できる人へ自身の財産を託し、定めた目的に従ってその財産を管理・運用してもらう制度です。

遺贈に比べ、故人の遺志をできうる限り実現できる柔軟性があること、また、「障害を持つ子どものため」「一緒に暮らすペットのため」「事業承継を円滑に進めるため」など、活用の幅が広いことなどから、昨今相続の手段として民事信託を選ぶ方も増えています。ただし、民事信託では実質的に財産を受け取る人(=受益者)のほかに、財産の管理・運用を任される人(=受託者)を決めなければならないなど手続きも複雑ですから、まずは弁護士へご相談ください。

遺産相続や遺言に関する問題は、場合によっては莫大な金銭や資産がからむため、さまざまな法律問題の中でも特に大きなトラブルに発展しやすいといえます。また、相続はそもそも手続きが煩雑であり、大切な家族が亡くなっていくらも時間が経たないうちに、相続税申告の期限なども考慮して限られた時間の中で、手続きを進めていかなければなりません。これは、残された家族にとって非常に大きな精神的負担となります。

ベリーベスト法律事務所千葉オフィスでは、弁護士はもちろん、場合によってはグループ法人に所属する税理士、司法書士、宅建士などの他士業と連携し、依頼者の皆様のかかえる相続問題の解決 をサポートします。親族である相続人同士のトラブルを弁護士にゆだねて直接的な対立を回避できるだけでなく、遺産分割協議や煩雑な手続きを進めていくうえでの負担を軽減できることは、大きなメリットのひとつです。

相続・遺言に関する法律相談は、初回60分無料です。まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

千葉オフィスの主なご相談エリア

千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉市美浜区、銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、印旛郡酒々井町、印旛郡栄町、香取郡神崎町、香取郡多古町、香取郡東庄町、山武郡九十九里町、山武郡芝山町、山武郡横芝光町、長生郡一宮町、長生郡睦沢町、長生郡長生村、長生郡白子町、長生郡長柄町、長生郡長南町、夷隅郡大多喜町、夷隅郡御宿町、安房郡鋸南町にお住まいの方

ページ
トップへ